映画・テレビ

2017年4月13日 (木)

続・ブーム続行ちう

ふっふっふ♪

Img_5338
買っちゃった♪
漫画(完結編 9巻)とDVD(6枚)セット
Img_5247
売り出し日前日の朝日新聞の広告。
朝日、読売、毎日、日経の4紙で全面
広告が掲載されたそうですね。
4紙の写真は全部違うので、4紙買った
人もいたとか。 やるね〜。
負けちゃいられないので、ワタシも漫画
とDVD穴があくほど見なくっちゃ♪
(あっ、家事もやってますよ)
 


2016年11月29日 (火)

もうすぐ「逃げ恥」

「ご主人今何作ってるの?」

リタイアしてからよく聞かれます。
Img_4459
これはちょっと前に作った、オーダー
いただいた名刺入れ。
ご要望は、「厚みがなくて、攻めの感じ
で」と(笑)
ご希望にそえたでしょうか。
Img_4460
ステッチの色もお選びいただき
ました。
喜んでいただけて良かったです。
次はメガネケースとスマホケース、
その後は手帳ケースのオーダー
いただいてます。
ありがたい事です。
Img_4666
ワタシはスヌードが完成しました♪
さてさて、今夜はお楽しみの「逃げ恥」!
ウチのね、義理の息子のR君、星野源に
似てるんだ〜(笑)
編み物はテレビかけながらやっても
いつの間にか編むのに夢中になって
全然テレビ見てないんだけど、逃げ恥
だけは面白くて手が止まっちゃう(笑)

 




2016年8月 6日 (土)

ひまわり

昨日はひまわりを買いました。

Img_3831
ひまわり、と言えば思いだすのは、
子供の頃何度か観た映画『ひまわり』
もう45年ぐらい前の映画です。
マルチェロ・マストロヤンニ演じる
アントニオとソフィア・ローレン演じる
ジョバンニ夫婦は新婚数日で夫が戦地に
送られてしまいます。
妻は夫の帰りを待ち続けますが、終戦に
なっても消息不明。
わずかな希望を胸にジョバンニは夫の
赴いたロシアの地に。
しかしそこには若妻と小さな娘と暮らす
夫が。
 *  *  *
二人を引き裂いてしまった戦争。
ラストシーンでは地平線まで続く画面一面
ひまわり畑が映し出され、ヘンリー・マン
シーニの音楽が悲しく響きます。
観たのは子供の頃ですが、元気で明るい花
のはずのひまわりが逆に悲しみを際立たせ
ていて胸が締め付けられました。
子供心に、戦争はやっちゃだめ、と思いま
した。
 *  *  *
今日は原爆の日。
平和の祭典オリンピックの開会式。
暑い暑いと言いながらオリンピックの競技
に一喜一憂する日々が始まりました。
本当に幸せです。


2015年2月 1日 (日)

繕い裁つ人

中谷美紀主演、 三島有紀子監督「繕い裁つ人」 昨日封切りでした。

Img_0680全国順次ロードショーだそうですが、埼玉はまずMOVIXさいたまのみ。
困ったな、、、、そうだ!キラーーン♪ 今日大宮で用事が、、、♪
MOVIXさいたまは、さいたま新都心! 帰り寄っちゃえ♪
そして今日は、1日で映画の日♪ 1100円だ♡
で、見てきました〜
[ストーリー抜粋]
町の仕立て屋「南洋裁店」。 祖母が始めたこだわりの洋裁店を
受け継いだ2代目店主市江(中谷美紀)。 彼女が古びたミシンで
作るオーダーメイドの服は大人気。 しかし職人スタイルを貫くため
量産化は出来ず、デパートの営業マン藤井(三浦貴大)からブランド化の
依頼も断り続けるが、、、
中谷さんが、足踏みミシンをかける後ろ姿に美しい光があたってる
シーンは、一幅の絵のよう。 息を飲むほどキレイです。
祖母の服を繕い、祖母のデザインの服を仕立てる生活に満足と
思っていたはずの市江の心の動き、、、
クラフト好きのはしくれとして、映画見て思うことありました。
ご興味のある方は是非ご覧になって感想をお聞かせ下さい。

2014年10月 8日 (水)

JERSEY BOYS

絶対見たかった映画を見ました♪

P103088060年代に数々のヒットを生んだザ・フォーシーズンズの栄光と挫折を描きトニー賞に輝く
大ヒットミュージカルJERSEY BOYSをクリントイーストウッドが映画化しました。
ニュージャージーの田舎で育った若者が音楽で成功をつかみ取り富と名声を得る、と同時に
裏切りや誘惑、挫折なども経験していきます。  
心が震える映画です。 今日見たばっかりだけど、是非もう一度見たいです。
劇中でフォーシーズンズの歌を沢山聞くことが出来ます。
おなじみの「シェリー」は、、、
P1030881偶然にも先日発売されたThe  Gospellers  Nowでもカバーされています。
フォーシーズンズは残念ながらバラバラになってしまいましたが、ゴスペラーズは20周年を迎えました。
今まで大きなもめ事はないに等しいそうです。
人間関係が多少ギクシャクしても良い和音が鳴るとなかった事になるそうで、それが音楽の力だと。
ハモりが解決してくれるそうです。
フォーシーズンズもハモる事でもめ事の解決の糸口を見いだす事が出来たら、もっと長く活動し、
もっと沢山のヒットを残せたのでは、と少々残念ではあります。
でも劇中流れる名曲達は、時代を超えて愛されていく事でしょう。
見て良かった、と心から思える映画でした。

2014年7月24日 (木)

大脱走

P1030712_2火曜日の新聞にジェームズ・ガーナーが亡くなったという小さな記事を見つけました。

J・ガーナーと言えば、、、、『大脱走』
ステーィブ・マックイーンがオートバイを乗り回すシーンが
あまりにも有名ですが、回りを固める俳優達が素晴らしく、
J ・ガーナーもその一人。
大脱走は第二次世界大戦下、脱走不可能と言われたドイツの
ルフト捕虜収容所から連合軍将校250人が集団脱走を計画、
実行した史実をもとに作られています。
バーンスタインの作った大脱走のマーチで始まるこの映画。
何度見てもワクワクします。
J・ガーナー演じるヘンドリーは敵国の収容所にいながら
脱走に必要な物を何でも集めてくる調達屋。
ドイツの看守を手玉にとり、口八丁手八丁で何でもゲット
してきます。
調子いいくせに情に厚く、弱視のコリンの脱走を助ける姿には胸が熱くなります。
大脱走は1963年の映画。50年以上前の作品ですが、未だに色あせない。
子供の頃から何度も見て、何度も感動しました。
不朽の名作と言っても過言ではないと思います。
今大人気のアナ雪は50年後はどんな評価を受けているでしょうか。

2014年6月23日 (月)

ルーズヴェルトゲーム

おわっちゃいましたね〜  

最近になってルーズヴェルトゲームの意味調べたんです。
皆さんご存知だと思いますが、ご参考までに
  野球大好きだった32代アメリカ大統領フランクリンルーズヴェルトが
  1937年1月にニューヨークタイムスの記者にあてた、野球協会から招待された
  ディナーを欠席することを詫びる手紙の最後に書かれた「一番面白いゲームスコアは、
  8対7だ」という事に由来しています。
  点を取られたら取り返し、8−7で決着する試合。
結局最後まであきらめない方が勝ちという事でしょうか。
日曜日の夜は黒田官兵衛に江口洋介が信長役で出てて、すぐ後のルーズヴェルトゲームにも
笹井専務役で出てました。
冷徹な信長の後、銀縁眼鏡の専務役に、、、頭がちょっと混乱したけどなんだか面白かったです。
江口洋介好きなので、一日に2回会えて良かったけどそれも昨日で終わり。。。
そして黒田官兵衛7月13日放送が本能寺の変、、、信長も終わりだ、、、
残念だ、、、、(ちなみに今回の明智光秀役は春風亭小朝)
でも夕べから出て来た黒田長政(官兵衛の息子)が松坂桃李だったから良かったです。
黒田官兵衛、視聴率少し上がってきてるみたいですね。
ルーズヴェルトゲームじゃないけど、やっぱりあきらめちゃいけません。
サッカーも頑張って下さいね、運命の日まであと二日!

2014年1月 8日 (水)

岡田くん

今年は毎週日曜日の夜カレと会えるの♪

P1030092岡田くんです♪
かっこいいよねーーー♪
15才でデビューした頃は「輪になって踊ろう♪」って元気に踊ってましたね。
そんな岡田くん、かっこよく年を重ねて33才。
大河ドラマ「軍師官兵衛」の主役、黒田官兵衛を演じますね。
官兵衛は戦国時代播州姫路の地方豪族として生まれながらも、信長に信用され、秀吉の天下取りに
最も大きく貢献した天才軍師。
そうそう今回江口洋介が信長演じるんですよね。 私江口洋介も好きなんですよーー。
これであと井浦新も出たら、NHKの受信料3倍払ってもいい!、、、、(いや、それは困る、、)
(それに井浦新は平清盛に出たばかりだから今回は出ないな)
「永遠の0」を見た友達が、岡田くんすごく演技うまいって言ってました。
官兵衛の初回は視聴率低かったそうですが、、、、大丈夫!
これから右肩上がりです。
岡田くんと一緒に皆で右肩上がりの一年にしましょうね。

2014年1月 4日 (土)

追伸

忘れてた!

明日夜TBSで「のぼうの城」地上波初登場だよ。

カウチポテト

冬休みになって3本DVD見ました。  なかなかいいペース♪P1030087

ご覧になってるかもしれませんが、ご紹介。
・のぼうの城
   周囲を湖に囲まれ浮城と呼ばれる忍状(おしじょう)。
   野村萬斎演じる領主成田長親は、武勇も知謀も持ち合わせず、領民から「でくのぼう」
   略してのぼう様と呼ばれていましたが、異常に人気がありました。
   二万の石田三成軍と戦うはめになっても、のぼう様に為にと領民が力一杯戦います。
   戦の話しではありますが、面白おかしく描かれていてすごく楽しい映画です。
・英国王のスピーチ
   吃音に悩まされたジョージ6世(エリザベス女王のお父さん)とその治療にあたった
   平民の言語療法士の友情を描いたノンフィクション。
   アカデミー賞4部門を受賞。
   開戦するにあたって、吃音を克服して国民に団結を呼びかけるシーンは感動的です。
 
・ショーシャンクの空から
   妻とその愛人殺しの冤罪によって投獄された有能な銀行員アンディが腐敗した刑務所の中でも
   希望を見失わないで生きて行く。
   親友レッドとの心の交流も感動的です。
   アカデミー賞7部門にノミネートされました。
3つとも素晴らしい作品でした。
機会があったら是非ご覧下さい。  つうか機会を是非作って下さいな。
もうほとんど死語ですが、昔(1988年ごろ)カウチポテト族なんて言葉がありましたね。
ソファー(カウチ)に座りこんで主にテレビを見て、ダラダラ長時間過ごす人を
ソファーに転がってるじゃがいもと表現した言葉だそうです。
日本では、ポテトチップスを食べながらソファーでリモコン片手にビデオを見る人、の意味だったそうです。
冬休みウチにはポテトチップスがなかったので、カウチポテトじゃなくてカウチ柿の種+カウチチョコレートでした。
そんな楽しい冬休みも明日で終わりだ、、、、、

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31