文化・芸術

2019年2月19日 (火)

河鍋暁斎 その手に描けぬものなし

河鍋暁斎の事は、お化けなどの
不気味な絵を描くという印象しか
持っていませんでした。


こういう印象が強かった。
けど、


もともとは狩野派の絵師だったのね。

仏画や花鳥画など狩野派お得意の画題
から、美人、幽霊、妖怪、動物、etc.
地獄極楽の図に至るまで、水墨も着色も
こなしたオールラウンダーだったのでした。
見応えがありました。


こんな可愛い絵もありました。
今まで知らなくてもったいなかった。
どのジャンルも優れていて、作品数も
多いので、これぞ代表作という物が
逆になかったようです。
これからはマークしていこう。


3/31までサントリー美術館でやってます。

2019年2月12日 (火)

畠山記念館

好きな仏像数々あれど、一番好きなのは
東寺の立体曼荼羅。
平面で描かれた曼荼羅を仏像を配置して
立体で表現した空間です。
紙に描いた曼荼羅じゃわかりにくい、
だったら3Dにしちゃえ!と考えた
空海さんの凄さ、さすがです。
で、ビックリこいてしまったのは


この春、立体曼荼羅21体のうち15体が
東博にやってくるらしい!
混むからね〜行かないと思う(多分)。
気になるのは残りの6体が、どんな風に
東寺の講堂でお留守番しているのか、、、
そっちが気になる。行こうかな東寺。
まぁそれはともかく


混雑する東博とは大違いの畠山記念館。
落ち着き感がすごくいいのです。
基本空いてる。
荏原製作所の創業者畠山一清さんが
コレクションした古美術品が地味に
大人しく展示されてて、非常に落ち着く
美術館です。


入場券もオシャレです。(右手前)
和室ではお抹茶もいただけます。
白金台か高輪台駅が最寄り駅です。
八芳園や泉岳寺なども寄れます。
暖かくなったらお散歩もいいかも。
先日は冷たい雨だったので、友達も
私も帰りやすい新宿に移動しましたが。
ビックリしたのは新宿駅の構内で友達が
「花粉飛んでる」と呟いた、、、
私はさっぱりわからず。
雨のおかげでむしろ空気が落ち着いて
いるような気がしていたのだが、、、
辛い季節が来てしまったのですね。
薬師如来さまは病気を治して下さると
言うけれど、花粉症の人も助けて
下さるのだろうか、、、

2019年1月18日 (金)

鹿下絵図屏風

先日テレビを見ていてビックリ
してしまいました。


この絵は鹿下絵図屏風と言う
俵屋宗達が鹿の絵を描いて
本阿弥光悦が和歌を書いたという
日本美術の奇跡のコラボで
私が大好きな絵の絵ハガキ。
これは22話からなる長い絵巻物
なのですが、断簡され(バラバラに)
色んな美術館などで少しずつ保有
されています。
で、何にビックリしたかというと
後半はシアトル美術館にあるって。
最後に名前のサインがあるので、
後ろの方は特に価値があるはず。
何故アメリカにそんな大事な物が
流失してるんだ!
なんと戦後日本人美術商がアメリカ人
コレクターに売りこんで、5000ドルで
売ったそう。
なんでこんな大事な物を!
敗戦国の悲しさか、、、値段の
安さにも驚くゴスマニアンでした。
で、そういう作品や別のいきさつで
アメリカに渡った日本美術は山の
ようにあって、10万点にのぼると。
中には宗達の松島図屏風のように
国宝級の作品も沢山あるそうです。
驚きました。
でもアメリカ人が日本美術に触れて
良さを感じてくれるのは嬉しいかも。

2019年1月14日 (月)

ミュシャのリトグラフ

ミュシャ好きの友達と行って来ました。


全ての作品が撮影オッケーです。
沢山刷られているリトグラフならでは
ですね。












ミュシャは沢山のリトグラフを
製作しています。
リトグラフは版面を彫ったり削ったり
せず、吸湿性のある石灰岩の表面に
油性の画材で絵を描いて刷るので
版が傷みにくく大量に安く刷れるので
ポスターや装飾パネルなどににむいて
います。
友達はミュシャのリトグラフ所有して
いますが、購入時(10数年前)に比べて
値段が結構上がっているそうです。
確かに人気ありますものね。
リトグラフ(石版画)、
エッチング(銅版画)、
浮世絵は木版画ですね。
版画と言っても色んな手法が。
それぞれ違った味わいがありますね。
今年も色んな作品を見てみたいな。

2018年11月27日 (火)

東山魁夷展

学生の時から好きだったんだ〜、と
いう友達のお誘いで


東山魁夷、実を言うとノーマーク
でした。


こういう幻想的な素敵な絵を描く方と
いうイメージしか持ち合わせていなかっ
たのですが、今回この昭和を代表する
日本画家の画業に触れる事が出来、また
一人好きな画家が増えちゃいました。
まさにワタシのハートにジャストミート
な画風でしたね。
現在平成の修復の為に拝観出来ない
唐招提寺御影堂の障壁画が出張して
来てて、なんと乃木坂で鑑賞する事が
出来ます。 ラッキーです。
会期は短め。 お見逃しなく。


2018年9月27日 (木)

京都醍醐寺 真言密教の宇宙



真言密教は弘法大師空海が唐で学び
その全てを伝授され日本に戻り大成
させた当時最新の教えです。
その空海が建立したのが、高野山
金剛峰寺。 その約半世紀後空海の
孫弟子にあたる聖宝が開いたのが
醍醐寺。
そんなこんなで、空海筆「大日経開題」
(勿論国宝)なんてのも拝めたので
ありました。 やっぱ達筆だね。
仏像も沢山ありまして、ワクワク。
美しい如意輪観音坐像。


優美。 ため息ものです。
かと思うと

いかにも密教的な五大尊像。
火炎を背負い両目を見開いて迫力
満点。 でもなんか可愛い。
上醍醐薬師堂本堂からやってきたのは


薬師如来坐像。
デカイ、、、台座を入れると3m。
醍醐寺と言えば、秀吉が催した
「醍醐の花見」が有名。
関連するものも多数展示されてます。
来年の桜の時期には、醍醐寺行って
みよう!と友達と話しました。
理解を深めるために歴史の勉強を
もっとしておかなくては、、、
あと醍醐寺の敷地は恐ろしく広いので
体力もつけておかなくては、、、
半年後に向けて課題が出来ました。
修行修行。

2018年9月21日 (金)

藤田嗣治展

没後50年藤田嗣治の画業を振り返る
大回顧展です。



20代前半の作品から亡くなる2年前の
作品まで126点を鑑賞出来ます。
欧米の美術館から初来日作品も数多く
藤田の代名詞と言うべき乳白色の
裸婦像の美しさは息をのみます。
でもワタシが今回一番見たかったのは
「アッツ島玉砕」
藤田が会心の作としたこの大作は戦意
昂揚に利用され(ワタシには反戦画に
見えますが)、戦後戦争協力者として
非難の的となりました。
失意の藤田は日本を去り、2度と帰国
する事なく、フランスに帰化。
日本国籍を抹消しています。
渡仏後「私が日本を捨てたのではない。
日本に捨てられたのだ」と語っています。
アッツ島玉砕の苦痛に顔を歪める兵士の
姿は藤田と重なるようです。



明治半ばの日本にこれだけの画家が
生まれ育った事が奇跡にも思われます。
おかっぱ頭がトレードマーク
いつも猫と一緒だったレオナール
フジタに貴方も出会ってみませんか。

2018年9月20日 (木)

伝統工芸展

去年行きそびれて後悔したので
今年は早々に行ってきました。


毎年三越で行われる伝統工芸展。
一線級の作り手さんが、精魂込めて
作られた作品600点以上見られます。
それも無料で。
一点一点見てると日が暮れちゃうので、
ペース配分が大事。
三越に行く前に腹ごしらえ。


天ぷらめし金子半之助に。
まず半分揚げてくれて


また揚げてくれます。
いっぺんに全部揚げて出さない、
この気配り!さすが人気店。
(食べかけ写真ですいません)
これで1080円だなんて!
さすが江戸っ子、きっぷがいいねぇ

2018年8月 9日 (木)

いわさきちひろ、絵描きです。

いわさきちひろさん、生誕100年です。


柔らかなタッチは、ちひろさんの優しい
気持ちそのもの。
しかしその奥底には子供の幸せ、平和を
愛する強い強い気持ちが溢れています。
東京ステーションギャラリーで9/9まで
開催しています。
ステーションギャラリーは、東京駅
丸の内ドーム内にありますので、
昨日の様な雨の日や暑い日も楽に行く
事ができます。
入場料も大人1000円と良心的。
赤いレンガ壁も素敵です。


八角形の吹き抜けもいい感じ。


昨日は偶然いわさきちひろさんの
44回目の命日でした。
享年55歳。
素晴らしい作品を残してくれた事に
ただただ感謝したいと思います。
是非お出かけ下さい。

2018年7月11日 (水)

ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界

ちょっと前に行きました。


ショーメは言わずと知れた
伝統あるフランスのジュエリー
ブランド。
そのショーメの歴史に触れられる
チャンスです。


戴冠式の衣装をまとった
ナポレオン。
王座、月桂冠、勲章頸飾、王笏、
正義の手の杖、ダイヤモンドで
飾られた剣、これらの宝石の
セットを担当したのは、ショーメ
創業者。


ナポレオンの妻ジョセフィーヌの
宝石も。






ため息の出るような宝石達が
沢山展示されています。
これは撮影オッケーのパネルです。


今回のショーメ展のために特別に
制作されたジュエリー達。
日本を意識したデザインですね。
ショーメのジュエリーなんて
未来永劫手にする奇跡は起きない
と思うけど、ガラス越しでも鑑賞
出来てハッピーでした。
最近どこの美術館に行っても男性を
沢山見かけますが、今回は私達も
含め女性ばかりでした。
あと高価な展示品ばかりなので、
警備員さんが何人も。
目の保養をしたくなったらお出かけ
下さい。
三菱一号館美術館で 9/17まで

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30