文化・芸術

2017年6月15日 (木)

神の宝の玉手箱

フッフッフ、見てきたぞよ

Img_5692
国宝「浮線綾螺鈿蒔絵手箱」
ふかわりょう、、、じゃなくて、
「ふせんりょうらでんまきえてばこ」と
読む。
北条政子の手箱の一つと伝えられてます。
手箱はもともと貴人の手回品を入れる為の
箱でしたが、徐々に高度な蒔絵や螺鈿など
装飾がなされるようになりました。
特に中世の手箱は「神宝」として奉納され
たり一部の特権階級に所有されたりした
そうです。
この手箱の50年ぶりの修理が完了し、今回
公開されました。
修理に携わった漆芸家人間国宝室瀬和美
さんのお話しも聞いてきました。
勿論この手箱以外にも沢山の素晴らしい
手箱が展示されていました。
私は普段展覧会図録は我慢して買わない
ようにしているのですが、(値段が高いし
厚くて重い)あまりに素敵だったので、
今回はつい買っちゃいました。  (右)
漆芸技法の結晶、ご興味のある方は是非
お出かけください。
6/21〜6/26 は、普段見る事のない蓋裏が
特別展示されますのでオススメです。
ワタシもまた見に行きます!
(どんだけ好きなんだ💦)
(ご興味のない方ごめんなさいね💦)

2017年4月11日 (火)

草間彌生 我が永遠の魂

行ってきました♪

Img_5308
草間ワールド♪
Img_5310
第一展示室、入った途端に
Img_5312
奥行き約50mの展示室。
2009年から描き続ける「わが永遠の
魂」約130点に圧倒されます。
Img_5313
約2mの四角い画面が顔、目、水玉、
網目、などなどで埋め尽くされています。
展示室に入った途端に何故か涙が出て
きました。
草間さんの心の叫びを感じたのでしょうか。
Img_5311
草間さんのイメージそのものの
エネルギー溢れるオブジェ。
Img_5314
第二展示室以降は初期作品、ニューヨーク
時代、ニューヨーク帰国後の作品が
多数展示されています。
幾度も画風を変えながら唯一無二の
芸術に挑み続ける草間さんの道のりを
たどる素晴らしい展示でした。
私は70年代後半の作風がとても気に入り
ました。
草間さんは子供の頃から統合失調症を患い
幻覚や幻聴に苦しめられてきました。
絵を描くのはそんな症状から自分を守る
手段だったのかもしれません。
もし絵を描く事に出会わなかったら、、、
絵と草間さんが出会えた事に感謝。
Img_5315会場の外には渡された水玉のシールを
自由に貼り付けるブースがありました。
草間ワールドに参加出来るおまけつき。
Img_5319
ミッドタウンに移動して茅の舎でお昼
Img_5320
ukafeでゆっくりお茶。
ワタシが友達とこうして世間話してる
この時間も、草間さんは一心不乱に描き
続けているんだろうな。


 








 



 

2017年2月26日 (日)

コレクターの眼

3週間ぐらい前に行きました。

Img_5026
サントリー美術館。
収蔵品が増えたそうで、今回はその展示。
2名のコレクターの作品が加わったそうです。
コレクターの高い審美眼で集められた
素晴らしい美術工芸品が並びました。
Img_4958
「コアガラスアラバストロン」
意味は、、、わからん、、、
Img_4961
写真が下手💦
実物はとても綺麗です。
Img_4963
ちょっとレトロな感じ
Img_4964
うなるほど綺麗なガラス達です。
目の保養がしたい方は是非。
サントリー美術館の入ってる
東京ミッドタウン。
「食事やお茶もすごく高いでしょう」
って聞かれますが、大丈夫ですよ!
Img_4965
糖朝で。 セットで1000円ぐらい。
Img_4966
IDEE CAFEで。
ケーキセット 750円。
勿論ぶったまげる程高いお店も
あるけど、友達もワタシもそんな
度胸もお金もなく、いつもこんな
感じです。
怖がらないでお出かけくださいね!
 







 

2016年10月13日 (木)

鈴木其一

昨日はびっくりでしたね。

Img_4223
ウチのマンションの別棟の方が撮った
写真。
Img_4224
ご近所さんが撮った写真です。
ワタシはこんな事になっているとは
つゆ知らず 鈴木其一見ておりました。
Img_4227
鈴木其一は琳派の酒井抱一の最も
優れた弟子。
近年注目され始めましたが、まだまだ
すごいメジャーではないので、そんなに
混まないだろう、、、と思っていたが、、、
甘かった、、、
日曜美術館で放映されたからでしょうか。
そういえば、解説者さんが、「若冲の
次は其一です」なんて言っちゃってたし。
困るんだよね、あ〜ゆ〜事全国ネットで
言われると、、、混んじゃうんだよ。
午前中に入ってあまりに混んでいるので、
一回出て、お昼ご飯食べて、また入り
ました。 (年間パスがあるので)
せっかくなので、いつも行く時間が遅くて
数量限定に間に合わなくて食べ損ねてた
加賀料理の御膳を。
一度食べたいね、と友達と言っていたので
ありつけて逆にラッキーでした。
Img_4215_2
加賀屋不室屋さん。
ふやき御汁弁当
Img_4218
治部煮
Img_4219_2
ふやき五色汁
(花麩、よもぎ麩、さつま芋、小松菜、
  人参、大根、舞茸、蓮根)
Img_4217
お弁当箱
・生麩のフライ
・黒ごま生麩と五郎島金時の胡麻和え
・炊き合わせ
  (大根、人参、牛蒡、しめじ)
・鮭塩焼き
・揚げ小茄子、お麩そぼろ味噌のせ
・車麩鰻見立てと太胡瓜のうざく風
・よもぎ生麩の昆布巻き、梅肉のせ
・丁子麩、えのきのおひたし
・椎茸海老新庄
少しずつ色んな物がいただける幸せ♡
其一が混んでてテンション下がった
けど、嬉しくなっちゃいました。
展覧会は午後もう一回入りましたが、、、
相変わらず混んでました。。。
でも其一相当いいです。
ご興味のある方は是非。
これからは其一です、、、、解説者と
言う事一緒か(・_・;








 






2016年7月18日 (月)

エミール・ガレ展

サントリー美術館でやってます♪

Img_3730
エミール・ガレはフランスの美術工芸家。
ガラス、陶器、家具など素晴らしい作品を
残した人であり、植物学、生物学、文学に
深い造詣を持つすごい人。
今回の展示はサントリー美術館所蔵の
ガレ作品のほとんどを展示、またオルセー
美術館から借りて来た作品もふんだんに。
素描やガレの所蔵していた中国や日本の
工芸品も見られる盛り沢山の展覧会です。
今年は生誕170年(ちょっと半端だが)
なのでガレの展覧会多いかも。
サントリー美術館は作品保護の為の冷房が
いつもキツいのですが、今回特に寒い💦
ストールの貸し出しもあります。
お出かけの方はお気をつけ下さい。
あまりに綺麗なガラスを見て、すっかり
いい気持ちになって、チェコ製のガラスの
ペンダント(写真右)買っちゃいました。
100個処分頑張ってるのにこういう事する💦
まぁそれはそれ、これはこれ♪



2016年7月 2日 (土)

オサムグッズの原田治展

昨日は友達とバス旅行。

長野県茅野市のバラクライングリッシュ
ガーデンでバラに囲まれてうっとり、、
するはずでしたが、最小催行人数に
達せず、中止に(涙)
なんか前もこんな事あったような、、、
何故かワタシが申し込むコースは中止に
、、、💦   なんでやねん!
 *   *   *
気を取り直して
ちょうど昨日から弥生美術館で開催の
『オサムグッズの原田治展』に。
Img_3669
原田治さんの名前を知らない方も
このイラストはご存知ですよね。
ミスドのグッズでもおなじみ。
シンプルでアメリカンな感じが大好き。
原田さんは多摩美を卒業後渡米。
アメリカでイラストを学び帰国。
1970年からananにイラスト書いたり
1975年からオサムグッズを商品化。
ちなみにオサムグッズとは正しくは
原田さんが全てかかわって作られた
グッズなので、ミスドのような
ライセンス販売の物は、厳密には
オサムグッズではないそうです。
なので今回のオサムグッズ展には
ミスドのグッズはなかったです。
今日7/2は原田さんご本人が来場し
サイン会だそうです。
会期は9/25まで。
若い頃ビビッときたオサムグッズ、
今見ても新しい感じです。
バス旅行中止ショックから立ち直り
ました。(笑)



2016年1月20日 (水)

貼り絵

友達のおばさまの貼り絵がとにかく素晴らしくて

Img_2863
無理を言って3点譲っていただきました。
何点もの作品の中から三つに絞るのは本当は難しかったです。
10号の作品も沢山お持ちという事でしたが、さすがに飾る空間が
ありません。
これは4号と6号2点です。
自分のものなんだ〜、と思うと幸せな気分でいっぱいに。
飾るには額を用意しないと傷んでしまいますが、ガラスや
アクリル越しだと和紙の風合いの実感が薄れてしまいそう。
ちょっとためらっていて、今はたまに取り出してニヤニヤしてます。
     *****
昨日滑って転んでしまい膝を強打。
フラットなとこ歩くのは大丈夫ですが、段差は無理。
ちょっと膝の向きが変わると痛てててて。
少し腫れてるだけなので、病院は行かなくてもいいと思いますが
治るまではかなり時間がかかりそうです。
ズンバは当分無理かな〜、フラダンスもしばらく無理そうです。
悲しい、、、、
     *****
昨日亡くなった世界最高齢の男性名古屋の小出安太郎さん112歳。
長生きの秘訣は「無理をせんこと、喜んでくらすこと」と
おしゃっていたそうです。
ついつい動きたくなっちゃうけど、無理をせんこと
ダンスが出来なくて悲しくても、大怪我じゃなくて良かった!
と思って喜んでくらすこと
おじいちゃんの教えを守っておとなしく貼り絵を眺めて過ごす事に
いたしましょう。

2016年1月15日 (金)

むかしむかしゾウがきた

劇団四季のミュージカルを観に行きました。

Img_2844_3「むかしむかしゾウがきた」
昔 町の殿様に唐の国から贈り物として
やってきたゾウ。
あまりの大きさ、初めて見る生き物に
人々はびっくり仰天しましたが、
愛嬌のある姿は、驚きから歓迎に変わっていきました。
そんな中戦が始まり、殿様は騒ぎでゾウが大暴れすると
殺すことを命令。
優しく可愛いゾウが大好きになってしまっ村人達が
ゾウを助けるために必死に、、、
意見の違う村人達もやがて協力して、、、
と、子供もわかり易いストーリー。
この演目は子供向けとは思いますが、そこはそれ
劇団四季、子供だましじゃありません。
歌も踊りも素晴らしい!
で、最後にゾウさんは力尽きてしまいます。
面白い、で終わらせないとこがいいですね。
子供なりに思うところがあるのでは、、、
会場は沢山の小さな子が来てて、開演してもしばらく
ぐずっていた子もいましたが、やがて静かに見入って
いました。
こういう演目はライオンキングやキャッツなど看板の演目とは違って
各地を巡回しています。  チケット代も看板ものほど高くありません。
四季劇場まで出向けない人や家族で観に行きたい方にはおすすめですね。
帰りには会場ロビーでキャストがお見送りしてくれます。
今回メインキャストだった方は、(ほそ〜い)つながりがあり、アマチュアで
ワークショップで活動していた頃から応援しています。
天下の四季のメインキャストとして歌って踊っている姿は嬉しい限りでした。
夢がかなって本当によかった!
ワタシもがんばらなくっちゃね。

2016年1月11日 (月)

村上隆の五百羅漢図展

10月末から始まっている展覧会。  

年が明けてからの方が空いてると思い、しばし我慢。
Img_2824
で、行ってきました。
村上隆の五百羅漢図展。  (六本木森美術館)
村上さんというと、変なフィギア作るオタクカルチャーのかわった人、の
イメージが強いかもしれないですが、実は芸大大学院出。
それも日本画を専攻していたというしっかりした土台のある人。
Img_2799
まぁただ者ではないですね。
Img_2805
五百羅漢とは釈迦の教えを広める為に煩悩を滅し人々を救済する為に
この世にとどまっている聖人です。
Img_2798
その羅漢さんと一緒に動物や鬼なども描かれています。
Img_2800
この迫力たるや、、、
Img_2802_2
作成過程をうかがい知る事の出来る資料も展示されていました。
村上さんは羅漢信仰について徹底的に調査し、現代の羅漢を描こうと
しました。 全国から美大生を募り200人以上のスタッフを24時間態勢で
稼働させ仕上げたとの事。
Img_2808
いっぽうこんな作品も
Img_2807
ドクロや達磨をモチーフにした作品も沢山
Img_2792
スケールが大きすぎて、凡人のワタシはただただ口をあんぐりするばかり。
Img_2795
やっぱり普通じゃない、、、、
この方はこの先どう進んで行くのだろうか、、、
次の一手は、、、?
五百羅漢図展はあと約2ケ月開催されています。
今年は変わった物と出会ってみたい方にはうってつけの展覧会です。
常識にとらわれない物の見方がほんの少しですが広がったような気がします。
 
    *      *     *
補足ですが、この五百羅漢図が制作されたのはゴスの住むM町にある
巨大倉庫を改修して作られたスタジオです。
Img_2825
あのあたりには大きな倉庫がいっぱいあって、以前ワタシは自転車でどの倉庫か
確かめに行きました。
グルグル走り回っているうちに雨が降ってきてしまい発見出来ませんでした。
近いうちに再度探しに行こうと思ってます♪

















 






2015年11月12日 (木)

法隆寺金堂壁画調査開始♪

五郎丸さんのポーズをした仏像がある岐阜の関善光寺の参拝客が増えているそうですね。

試合を前に高校生ラガーが手を合わせる姿はカワイイ。
で、仏像の手の形は印相、印契、略して印とも呼ばれます。
お釈迦様は五つの印があって、一つ一つに意味があります。
Img_2538
なんて事を教えてくれるこの本。  面白いんだな〜
今日の朝日にこんな記事が
Img_2537
多分皆さんスルーしてると思いますので、こういう話しが大好きなワタシが、
僭越ながら説明させていただきます。
法隆寺の金堂は66年前火災で焼損しました。 ほとんどの色彩を喪失。
周囲の柱と共に土壁ごと取り外し補強され今は収蔵庫に保管されています。
これらの壁画の価値は極めて高いので、今回「保存活用委員会」が発足
することになりました、、、(つうか今まで何でなかったんだろう)
で、これから3年かけて劣化の有無や最適な保存環境を最新科学で探るそうです。
そして! その暁には一般公開の可能性も検討するそうです。
もし公開されるとしたら2020年かな〜
2020年はオリンピックもあるし、忙しくなりそうだわ(笑)






より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31