« 千住三兄弟 | トップページ | 豆皿 »

2013年10月16日 (水)

湯冷まし

P1020866萩焼の湯冷まし買いました。

指のあたる部分が窪んでて使いやすそう♪
湯冷ましはもともと玉露を入れる時にお湯の温度を下げるために作られたものらしいです。
玉露の適温は上玉露で50℃、普通の玉露で60℃ぐらいだそうです。
勿論煎茶を入れる際にも使えます。
煎茶は上で70℃、並で90℃ぐらいが適温だそうです。
適温でいれてじっくりお茶の成分を抽出するのが美味しくいただくコツだって。
萩焼の特徴は、焼き上がりの土の柔らかさとその吸水性。
高火度で比較的短時間で焼成し土味を残すので、感触が柔らかく、土があまり焼きしまってないため軽く、
保温性を持っています。
さらに吸水性がある為、長年つかっていると茶や酒が浸透して器の色彩が変わり、茶人の間では
「茶馴れ」といって珍重されています。
この事を知らないころ、私は自慢じゃないですが、漂白剤につけてしまいました。
物を知らないって恥ずかしい、、、物知りゴスさんになりたいです。

« 千住三兄弟 | トップページ | 豆皿 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

萩焼 いいですね!
この写真の湯冷ましもとても素敵
上品な色合いと肌触りが好きです。
萩焼の高台がなぜ三角に切ってあるか知ってますか?
長州藩の藩窯だった萩焼 毛利公に献上する物と同じ焼き物を庶民が使ってはおこがましいって云うことで、庶民が使う物はわざと欠けた風情にするため、高台を切ることにしたというのです。
使い込むほどにセピア色に変わっていく
これがまた素敵!
漂白しないでね(笑)

2度としません(笑)
ゆうべ一晩水につけました。
これから釉薬のかかってない底にサンドペーパーかけます。
箸置きも楽しいよね。
今ウチは栗の箸置き使ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701346/53624678

この記事へのトラックバック一覧です: 湯冷まし:

« 千住三兄弟 | トップページ | 豆皿 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31