« おほほっ | トップページ | ひこうき雲 »

2013年8月22日 (木)

浮世絵

人の生きる世界を「浮世」と言い、「憂き世」とも書くそうです。
現実離れしてることを、浮世離れなんて言いますね。

それはともかく、三井1号館美術館で開催中の浮世絵展に行きました。

浮世絵は江戸時代に確立した絵画の技法。 風俗画です。
浮世絵と言うと多色刷りの木版画(錦絵)が浮かびますが、巻物などの肉筆浮世絵なども含まれます。

この肉筆画や絵画は1点ものなので、名のある絵師のものは高価だったそうです。
木版画は同じ絵柄を刷り上げられるので安価で江戸時代の一般大衆に広まりました。

今回の展示は幕末から明治初期にかけての作品だったので、欧米から伝わった鮮やかの顔料を利用した
古くからの浮世絵とはちょっと違う作品がありました。

今回とても気にいった小林清親の作品は西洋美術の影響を受けていて、光線画という輪郭線を使わない技法でした。

浮世絵は絵師、彫師、刷師の三者分業の作品です。
多色刷りの場合、色がずれないように絵の位置を示す「見当」をつけます。
見当つける、見当違い、などの言葉はここからだそうです。

浮世絵は欧米の画家にも多くの影響を与えました。
印象派のゴッホやマネの作品には浮世絵が登場しています。
きっと斬新だったんでしょうね。

久しく美術展などご無沙汰だったので、嬉しかったです。

お昼は一号館に併設されているお店 Cafe 1894で。
P1020767_2
P1020768

浮世離れした贅沢なひと時でした♪

« おほほっ | トップページ | ひこうき雲 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

美術館と併設されているカフェなんて素敵!
また写真の美味しそうな事(^^)
浮世絵を見ると歌舞伎を連想しませんか?
私まだ一度も歌舞伎見たことない
貴女はありますか?
新歌舞伎座に行ってみたい!

歌舞伎は見た事あるけど、新歌舞伎座はまだです。
おばあちゃんになったらお着物着て新歌舞伎座行ってお上品な奥様ごっこしよう♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1701346/52979921

この記事へのトラックバック一覧です: 浮世絵:

« おほほっ | トップページ | ひこうき雲 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31